So-net無料ブログ作成
検索選択

春、寄り道。 [あそび]

昨日は津南へ野暮用に。
行く途中、須坂が満開。

image-20120425172533.png

image-20120425172547.png

image-20120425172600.png


調子に乗って、臥竜公園の桜祭りに寄っちゃいました。
よくよく考えたら、嬬恋に住んでから桜を見るのなかったかも。

名前の木なのに、よくないなー。

どちらかと言うと満開よりも8分咲きとかが好きだけど、
満開も綺麗ですねぇー。
そして散り際も好き。風に花びらが舞うのも綺麗です。

ポカポカ陽気で気分は最高。
もー仕事を忘れそうなぐらい。

image-20120425172629.png

image-20120425172646.png


近くに川が流れていて、そこでは鯉のぼりが泳…、
ぶら下がっていた。泳いでたらカッコいいだろなー。

そして、ちゃっかり仕事を忘れないのが良い所。

試作のピンホールカメラで撮影

■臥竜公園の桜

image-20120425171958.png

■下からの桜

image-20120425172018.png

■鯉のぼり

image-20120425172041.png

■ぺんぺん草

image-20120425172101.png

■ぺんぺん草と鯉のぼり

image-20120425172127.png

うん、全体的には気に入ってます。
が!指が入ってる。

うーん、超広角だからな。気をつけないと。
後は近くの物が得意そう。

後はシャッターのテープをはがす時にブレる。

ま、でも、自分が工作したカメラでこれだけ撮れれば、
やっぱり嬉しいな。

あー、春満喫。

see you soon.

ぼそぼそぼそぼそって [工作・大工]

やったー!
今日は記念すべき日だ!

DSCF3928.jpg

やっとこさ鉱石ラジオで音が聞けた。
ほんとうにやっとこさ。

いや~長かった。

アースが上手くつなげずシーンとしたところから、
アースをつないで、ザーザーザザッってノイズで喜び。
アンテナを接続してもノイズだけでヘコみ。
何が原因か分からずヘコみ。

IMG_3010.jpg

今日はアンテナを長くして、木にぶら下げ、外で挑戦。

IMG_3014.jpg

そしたら、ほんまにほんまに、蚊が鳴くような。
小さ~な、音がイヤホンから。

聞こえてきた音は話し声。

「ほにゃららほにゃらら*+`=|~`@ はい、繰り返します」
「ほにゃららほにゃらら*+`=|~`@」

どうやらNHK第2放送のフランス語会話。
はい、繰り返します。
しか分からんかった。

それでも、やっとこさ鳴った音にニヤニヤ。
聞こえるか聞こえへんか分からん音でもニヤニヤ。

もちろん、問題はあるけども、
ほんまは第1放送が聞きたかった。
でも、この一歩は大きいはず。

後はアンテナをちゃんと張ったり、コイルを巻き替えたり、
アース棒をちゃんと打ったりすれば解決するはず・・・。

とりあえず、今日は新しくコイルを巻いてみた。

DSCF3927.jpg

これで聞こえたらもっと嬉しいんやろうなぁ。

電気勉強しようかなぁ。

子供の頃Uの字にしたクリップをコンセントに刺してなかったら、
もっと勉強してたかな?

あの日は忘れられない一日、小学校の授業が暇で、
筆箱に入っていたクリップをコンセントに差し込んだら、
バチッってゆー音とともに、クリップがどっかに吹っ飛んで。

先生に怒られるって思ったら、誰も気づいてないの、すごい音やったのに。
どーやら頭の中で鳴った音やったようで。
指は一日中ヒリヒリするし。

テレビドラマでコンセントに差し込んだら停電してたのに、実際はしなかった。
しかも、痛がってなかったのになぁ。

感電したあの日から、電気には弱いのです。
そして音が鳴った、今日も忘れられない一日。
今が克服の時ですかね。

see you soon.

撮影ごっこ [あそび]

最近作ったピンホールカメラを使ってみた。
今回は印画紙を入れ替えなくても良いようにフィルムを。

これやっぱり便利ですね。
一回一回交換しなくて良いし。

でも、問題はフィルムを巻き忘れる。
最近は本当にフィルム使わないもんなー、当然か。

シャッターはもちろん手動。
テープを開け閉めして調整する。

何秒開けるかは感覚で。
まだまだ実験段階だから。

今回は春とゆーことで、都会に行った時に花を撮ってみました。
桜咲いてるんだもん。これしかない!
嬬恋はまだまだだから。

■桜と菜の花(5秒)

ピンホール.jpg

狙った写真

ピンホール11.jpg

ピンホールの写真。

■梅(5秒)

ピンホール2.jpg

狙った写真。

ピンホール12.jpg

ピンホールの写真。

■ぺんぺん草(5秒)

ピンホール3.jpg

狙った写真。

ピンホール10.jpg

ピンホールの写真。

■神社と桜(10秒)

ピンホール4.jpg

狙った写真。

ピンホール9.jpg

ピンホールの写真。

やっぱりピントを合わせるのは難しい。
でも、味って事になるのかな?

でも、ピンの穴をもっと小さくすればいいのかな?

まだまだ研究が必要です。

ちなみに、ホタルイカキャンプでも撮影を。
余ってたフィルムをもちだしたら、リバーサルフィルム。

現像に出したら時間がかかりました。

ピンホール8.jpg

確認するのにビューワーが役に!
これに使う気はなかったけど、買って良かった。
無駄遣いもたまには役に立ちますねぇ。

そして、見てみるとほとんどが色が飛んでいた。
快晴やったせいか、フィルムのせいなのか。

■人
ピンホール5.jpg

■波
ピンホール6.jpg

■ノースフェイステント
ピンホール7.jpg

1秒が一番綺麗に写る結果に。
日陰は5秒。

うーん、やっぱり難しい。
何回も撮らないと。

久しぶりにフィルムを使うと楽しいです。
大事に写真を撮るから。

デジカメだと無駄にいっぱい撮っちゃうから。
で、消去。
形に残る方が楽しいかもしれません。

さて、次は何を撮ろうかな。

see you soon.

ホタルイカcamp vol.3 [あそび]

ひっぱってひっぱって、ついにホタルイカすくい。
ま、最初に書かないって事は・・・ね、何となくね。

そーです、ぜーんぜん来ない。

だって、寒いし、雪降ったし。
そんな時にやっぱり来ないですよねぇ、ホタルイカ。
一匹ぐらいと期待したんやけども、初日は残念ながらゼロ。

そして次の日。
朝から快晴。立山連峰が見渡せるほど、スキッと晴れた。

IMG_2893.jpg

暖かいし、これは!と期待。

って、そんなに簡単にいかないのがホタルイカ。
見回って見回って捕れたのが1匹。

IMG_2905.jpg

1匹じゃー、光ってるのも撮れないね。

IMG_2915.jpg

ゆでていただきました。
やっぱり、今年は寒いから遅いんだなー。きっと。

本当はこの波打ち際が青白く光る予定やってんけど。

IMG_2898.jpg

ま、そー簡単には見せてもらえませんかねー。

まだ見せんって言われてるんやな。
ま、いつか。ですかねぇ。

see you soon.

ホタルイカcamp vol.2 [あそび]

ではでは今日はホタルイカキャンプで何を食べたか。

このキャンプもちろん、メインはホタルイカを捕る事。
しかーしです、捕れないことも考えておかないと、
なーんにも楽しみがないのです。

それはそう。
ホタルイカが捕れない日は寒いから。
そんな中ただ待つだけなんて、チョットした拷問ですよ。

だから食事を魅力的に。
今回は火鍋を用意してみました。
おまけに、参鶏湯とローストチキン。

image-20120411215402.png

いやー、キャンプで火鍋って言いたかったんですよねー。
何か響きが良い。ただ、それだけなんですけどね。
でも、鍋も買っちゃったし。
当然2色にしたいわけで。

寒かったし、美味しかったし、テンション上がりますねー。
定番にしようかな。

続いて富山の名物白エビの登場です。
この、高級食材を天ぷらに。

image-20120411215436.png

これがもう絶品。止まらない美味しさですよ、もう。

image-20120411215635.png

刺身は殻を剥くのに手間がかかるけど、美味しいらしいです。
次は刺身に挑戦かなー。

そして実験的に作ったこれ。
塩麹のスモークチキン。

image-20120411215755.png


塩麹のおかげで鶏肉が柔らかく。
パリッと焼き上げて薫りは優しめに。

ビールでどうぞ。って組み合わせです。

ね、これだけあればホタルイカがなくてもね。

see you soon.

ホタルイカcamp vol.1 [あそび]

いやー、週末は遊びほうけました。
ホタルイカキャンプ

色々したので、一回では書ききれない。
と、言うことで、今日はキャンプでやった遊びを。

サンプリントですよー。
せっかくずっと外に居るんだから、楽しまないと。

ばっちり太陽も姿を見せてくれたし。

IMG_2850.jpg

友達に作ってもらったシールを使って、焼き付け。

今回は布バッグに薬剤を塗って、焼き付け。
水洗いしたら完成です。

しっかりくっきりプリントが出来ました。
何か藍染めみたい。

IMG_2923.jpg

かっこよくできたなー。
満足満足。

あー、やっぱりサンプリント楽しい。
でも、晴れてくれないとサッパリですけどね。

see you soon.

ボビンホルダー [工作・大工]

この前、クラフトの師匠のところで工作を。

今回作りたい!とお願いしたのは、
このオリジナルのボビンホルダー

DSCF3887.jpg

ミシンのボビンからスレッドが出て、
金属のパイプを通って巻く。

シンプルデザインでステキすぎました。
いや、もう、見た瞬間いちころですよ。

それが自作出来るなんて。
ししょー、魔法の手ですねぇ。

そう、そんな魔法の手か繰り出される技はマネ出来ず。
見てると簡単そうなんですけどね。

バーナーであぶって、柔らかくしたとこを曲げる。
そう、曲げるだけ。

部品にロウを付けてバーナーであぶりながらくっつけるだけ。
そう、くっつけるだけ。
これ、めちゃめちゃ震えます。

DSCF3831.jpg

見るに見かねた師匠、代わってもらっちゃいました。

そして後はルーターで研磨するだけ。
これはまぁ、出来ましたけど。

出来た作品を見たら、曲げたところねじれてました。

DSCF3890.jpg

うーん、やっぱりもっとちゃんと練習しないと!

いつかは、ししょーに追いつけるんだろーか。

DSCF3827.jpg

とりあえず、バーナー欲しくなりました。

see you soon.


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。