So-net無料ブログ作成
検索選択

派手キノコ [季節の味覚]

ますます秋っぽくなってきた今日この頃。

IMG_6760.jpg

IMG_6765.jpg

空を見ても。

IMG_6767.jpg

地面を見ても。

空気にも。

そこら辺に秋があって、
あー、見上げたら空しかない場所に住んでいるっていいなぁ。

なんて、秋っぽい事を思ったりするのです。

最近、ほとんどスーパーに行っていない。
いったい何を食べているんだろーか。

でも、食べ物地面から出てくるからな~
スーパーに行く必要ないしな~。

tamagotake.jpg

今日は運転中にタマゴタケを発見。
車からでもハッキリと分かるこの派手な色。

食べられないキノコの典型と思いきや。
これは食べられるんですね、バター炒めが美味しくて。

IMG_6772.jpg

特徴はオレンジ色と石づき部分の白いやつ。
卵の殻みたいなのがついているから「タマゴタケ」
って言うんですねー。

これは、覚えやすい!

でも、違うキノコも食べたいなぁ~。
キノコ汁にして美味しいやつ。

ナラタケ、出ないかな~。
もうチョット寒くならないと無理か。

see you soon.

オイカワを狙って [fly屋 & fishing]

昨日と今日の二日間。
オイカワ釣りに出かけました。

DSCF4714.jpg

練り餌を使ってのエサ釣り。

浮き釣りは、子供の頃からあまりやったことがないので、
いまいちアタリが分からない-。

練り餌の堅さによっても、アタリに違いが出るようで、
なかなか奥が深いんですね。
ワカサギ釣りとは勝手が違うんですねぇ。

それでも何だかんだ40匹ぐらいは釣れたかな?

DSCF4718.jpg

オイカワは、コイ科の魚で婚姻色が綺麗らしい。
今は時期ではないので、あまり色がないけれど。

婚姻色が出ると、エメラルドグリーンになるんだって。
それは、ぜひ見てみたいなー。

オスの尻ヒレは優雅に長くて、熱帯魚みたい。
コイ科なのに綺麗な魚なんだなー。

水槽で育ててみようかな。
水槽を購入するところから始めないといけないけど。

see you soon.

どんなに高くても手に入れたい! [季節の味覚]

やりたい事、食べたい物が多すぎる今日この頃。
秋になり始めた証拠でしょうか。
良いのやら、悪いのやら。
睡眠なんてとらなくても良い体だったらいいのに。

なんて事は到底無理で、
使える時間をなるべく遊びに使いたい桜井さん。

IMG_6734.jpg

今日は秋の味覚『栗』を手に入れに出かけます。

野生の栗は人間の都合なんてお構いなしで、
容赦なく手の届かない高いところに実を付けます。

それを何とか手に入れようと頑張る人間。

IMG_6726.jpg

キャンプ場スタッフらしく、ポールを繋げて繋げて、伸ばします。
軽トラの荷台に乗って、さらに屋根に乗って、
さらに、これでもか!と腕を伸ばして。

IMG_6731.jpg

行き交う車のアツ~イ視線を感じながら。
よいしょ!っとポールを振り回せば。

ボトボトボトッ!とイガ栗が容赦なく人間めがけて飛んできます。
そんな攻撃を避けつつ、落ちた栗を拾い集めるのです。

IMG_6739.jpg

それを何カ所か繰り返すと、段ボールいっぱいに。

IMG_6747.jpg

中身を取り出すとザルいっぱいに。

さらに皮を剥くこと3時間。

IMG_6750.jpg

ボールいっぱいに。

IMG_6757.jpg

さすがに欲張りすぎたかな?と思いながらも、早速栗ご飯に。
栗の良い香りが部屋に漂います。

3時間、栗の皮を剥きながら、
『しかし、食べ物が落ちてるって、田舎すごいな。』
毎年拾っているのに、今更実感。

そして、毎年、皮むきやだ。手が痛い。同じ体勢辛い。
なんて言いながら、また採ってしまう自分。

時間をお金に換算したら・・・。
なーんて、考えてはいけません。
楽しさ=プライスレス。
なんて。

むふ、また拾いに行っちゃおうかなぁ。
次はヤマブドウにしようかな~。

あー秋、楽しすぎます。

see you soon.

オイル交換メモ [あそび]

今日はオイル&エレメント交換。

レガシィになってから、足回りが低くなって、
自分で下から抜くのは困難だったけど。
ステップを買ったからもう大丈夫。

これで、エレメント交換も完璧だ!

で、忘れないようにメモです。
50700kmで交換。
4.5L。

パジェロミニとは構造が違ったから戸惑ったけど、
レガシィの方が換えやすいかも。

でも、エレメントからのオイルで、
手がオイルまみれになっちゃった。

次回からは気をつけないと。
もうちょっとスムーズに交換したいなー。

see you soon.

ユーザー車検 [あそび]

この前、初ユーザー車検に行ってきました。

ユーザー車検ってのは、業者に頼むのじゃなくて、
自分で車検をすること。

いや~、初車検もうね、ドキドキです。
一日三回失敗したら出直しだし。

どっかが壊れてたらアウトですよねぇ、その日。

それでも、値段の魅力に負けて挑戦です。
まずは、近くのテスターチェック

予備試験ですね。
私の予行練習。

なるほど、こんな事をするのか!
と思いながら終了。

いざ本番です!
書類を記入して、重量税を払って。
車で試験場へ。

もー入り口はね、アトラクションに入る気分ですよ。
車もずら~っと並んでるし。

指示に従って車を進めて、機械の言う通りブレーキ踏んだり、
アクセル踏み込んだり。

そして、なんだかんだで、終了!

一回でパスしました~。
あ~良かった。

無事に合格シールもらえましたよ。

DSCF4702.jpg

ふぅっ。
ドキドキしたけど、次も自分で行くぞ!

2年後ね。

see you soon.

ナンシーが少し [テキトー論]

ナンシーさん。
その中ではさぞ、頑張ってるんでしょうね。

10日を過ぎても蝶にならず。
まだまだ蛹化を決め込んでいる桜井ナンシー。

どうやら、積算気温が足らないんじゃないかと思われます。
それもそう、9月になって嬬恋は秋になろうとしていますからね。

IMG_6221.jpg

それでも、少し色が濃くなってきたような・・・。

ほら!羽根の模様が見えてきたような。

IMG_6193.jpg

上から見ると、足の部分と、口の部分が!

しかし、このままでは羽化した時に
ガラス越しに写真を撮る羽目になってしまうなぁ。

棒の斜めがけやめて、オアシスに刺して立てよう。
そしたら、写真も撮りやすいし、観察もしやすいし。

IMG_6208.jpg

もう一匹は黄土色になってきました。

これからも、暖かく見守らなくっちゃ。
あー楽しみ。

see you soon.


野点 at Top of Mt.Fuji 2 [あそび]

はーっ、着かない。
あ、まだある。

とか、思いながら何とか頂上へ。

ここが本当の頂上だ!

P9110431.jpg

と喜びのあまり飛びついた友達。
そりゃ、嬉しいですよね。
当然です、普段あまり運動しないのに3776mまで来たんだから。

いや~、私も嬉しい。
だって、今回の目的は友達の登頂だから。

え?そーじゃないでしょ?

あ、バレましたね。

そう、今回の目的は『野点』です。

P9110451.jpg

お気に入りのバーナーとヤカンでお湯を沸かして。
お茶を点てます。

あ、その前にお菓子をどーぞ。

DSCF4674.jpg

むふふ、なんと生菓子、特注です。
友達が和菓子屋の店長で、もちろん職権乱用です。

富士山」をイメージして作ってもらったんですよ。
美味しそうでしょ?
しかも、お干菓子じゃーなくて生菓子って、なんて贅沢な!
崩さず運ぶの一苦労ですよ!
この富士登山のためだけに作ってもらってるなんてスペシャルすぎます。

そんな特別なことをされたら、こっちだって特別なことしたいですよね。

DSCF4666.jpg

ということで、曾おばあちゃんの形見の野点セットの登場です。
いつの時代かはさっぱり
ですが、お洒落でお気に入り。

DSCF4564.jpg

黒文字の楊枝だってキャンプ場の木を切って作ってみました。

やっぱり、特別なときは特別のモノを持ち出さないと、楽しくない!
チョットの特別が大きな特別を生み出すんだなぁ~。
いや~、楽しすぎます。

しかも、キャンプ道具とお茶の組み合わせが意外と似合っていて。
次回もどこかでやろうかなぁ~。

外ではちゃんとお茶は出来ないけれど、
その場所(今回は山頂)が特別な美味しさを味わわさせてくれるはず。

お昼と野点を満喫した後は、山を下らなくてはいけません。
出来れば明るいうちに帰りたい!

DSCF4697.jpg

我々が選んだ須走は(すばしり)=砂走りとも呼ばれるルート。
そう、砂地がメインで、走って降りるのです。

でも、今回はそれをすると足がダメになりそうなので、
普通に歩いて下ります。

それでもどーしても走りたくなるんですよね。
そんなときは猛ダッシュです!

友達に砂をかけようとも、猛ダッシュ。
でも、今回は靱帯伸ばしちゃいました。
ちぇー、やっぱり調子に乗ったらだめですね、特に下りは足にきますからねー。

DSCF4695.jpg

途中でこんな雲が発生!
こ・れ・は・や・ば・い。巻き込まれたら大変。

慎重に早めに降ります。
暗くなる直前。18時に無事下山。

いや~、良かった。
雨にも打たれず、何とか帰ってきました。

次の日ニュースで「富士山で初冠雪」と。
いや、本当にラッキーでした。
良かった良かった。

これで、もう、富士山は・・・ね。

あ、楽しいこと思いついても言わないでくださいよ!
すぐ、調子に乗ってしまうから!

see you soon.

ナンシーはいつ [テキトー論]

ナンシーが気になる。気になる。

今居るのは蛹ナンシーが2匹。
一匹(桜井ナンシー)はもうそろそろ、10日が過ぎようとしている。
が!まだ蝶になる気配がない。

IMG_6180.jpg

しかも、心配なのはその色。

IMG_6161.jpg

蛹になった瞬間は白だったのに、一日でこんな色に。

普通は4日ぐらいかけて色を変化させるのに。

IMG_6169.jpg

IMG_6173.jpg

もう一匹(USAナンシー)は蛹化4日目でこの色。
ネットで調べると正しい感じで。

ますます、桜井ナンシーが大丈夫か不安になります。

でも、実は蛹は擬態をするらしく、
止まったところで色が違うようなのです。
少し安心ですね。

IMG_6186.jpg

しかし、じっくり見ると、良くできていますね。
糸もしっかり固定されているし。

本当に無事にふ化して欲しい!
もうチョット!なはず。

see you soon.

野点 at Top of Mt.Fuji [あそび]

去年登った富士山
もう登らないと思っていたのに。

日本一高いところでコーヒーを入れたから、
もう登らないと思っていたのに。

また登ることに。

「日本一高いところで野点」と言うキーワードに乗せられて。
まぁ、この言葉には負けますよね。

去年の失敗を活かして、今回は前日入り。
しっかりと車の中で寝ます。

出発は午前3時半。
今回も須走口(標高1900m)五合目から満天の星空を眺めながら出発です。

肌寒く感じたのもつかの間、歩き始めてすぐに体がぽかぽかに。
4時半ごろ、空が明るくなり始め、5時には日が昇ります。

■御来光(標高2400m)六合目

去年も見た朝焼けなのに、見とれてしまう不思議さ。

DSCF4598.jpg

今回は少し、雲があったおかげで、光の筋が現れました。

DSCF4615.jpg

やっぱり綺麗ですね。この空の色が好きだなぁ。

DSCF4620.jpg

日が昇れば、目の前には富士山。

DSCF4623.jpg

すでに登り始めているのに、ゴールはまだまだ先。
近いようで遠いなぁ~。

DSCF4626.jpg

後は日焼け対策をして、ひたすら登る。登る。登る。

本六合目(標高2700m)

七合目 (標高3090m)

本七合目(標高3200m)
雲海が綺麗に見え始める。

八合目 (標高3350m)

本八合目 (標高3400m)

DSCF4632.jpg

風が強くなり始めて、高くまで来たなぁと感じる。
雲も、もう、目の下

八合五勺目 8.5合目 (標高3450m)
あ、もうすぐ九合!と思わせといての8.5合。
結構、凹みます。

九合目 (標高3600m)
このあたりから、酸素不足で足が動かなくなる。
去年よりはまだましだー。

そして十合目 (標高、書いて無かった。。。)

DSCF4627.jpg

やっと到着。11時半。
いや~、歩いたね。

楽に歩くために、酸素を補充。

DSCF4648.jpg

お鉢巡りに入ります。

本当の頂上、標高3776mにたどり着くには、
最後の戦い、この坂を登らなくては!

DSCF4654.jpg

遠い-。
続きはまた次回です。

see you soon.

FF楽しかったねデー [fly屋 & fishing]

久しぶりのフライフィッシングです。

キャスティングをして、シャーっとラインが出て行くのは
やっぱり気持ち良くて、もっと上手くなりたいなと思わせます。

でも、やっぱり飽き性な私は一日集中出来ず。

座り込んだりしてしまうのです。

image-20120909204708.png

これでも、釣りしてるつもり。なんですよ、本人は。

そんな私に天罰が下ったのか。
次のシーンでは片足が水の中。

image-20120909204729.png

管理釣り場でそんな事あるんですねー。

片足裸足は気持ち悪いので両方脱いで、
サッパリと釣りを楽しみました。

image-20120909204757.png

桟橋でトゲ刺さりましたけどね!

image-20120909204814.png

天気もまずまず。
釣果もまずまず。十分楽しめました。

あー、また真面目に練習に取り掛からなくっちゃ。
遊びがいっぱい待ってます。

see you soon.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。