So-net無料ブログ作成

こっそりコットンプロジェクト [テキトー論]

東北コットンプロジェクト、綿摘み当日。

IMG_7696.jpg

約300人のボランティアが集まって収穫開始です。

IMG_7731.jpg

ほとんどの人が綿を摘むのが初めてで、
「うわぁ、やわらかぁ~い。」
と感嘆の声が。

その感触と言ったら、普段クッションで触っているものより
はるか~に柔らかくてフカフカ。

IMG_7704.jpg

しかも

IMG_7705.jpg

引っ張っていくと、

IMG_7706.jpg

伸びる伸びる。

IMG_7711.jpg

繊維が長いんですねぇ。

こうやって収穫してもいいし、

IMG_7725.jpg

まとめてコットンボールごとガサッと収穫しても良いのです。

IMG_7757.jpg

収穫したものは集められて出荷作業に。
綺麗に収穫しないと後の手間がかかるそうです。

IMG_7851.jpg

そして、綿の中に隠れているタネ。
私はもらって来ちゃいました。
嬬恋で植えようかと。

このタネから芽が出て綿が収穫出来たら素敵ですよねぇ。
しかも嬬恋でね。

蒔く時期はシシトウと同じだそうです。
それっていつかな?

ま、暖かくなってからのお話しです。
楽しみがまた一つ増えました。

see you soon.

箱カメラ [工作・大工]

むー、嬬恋寒いです。
ストーブから離れられません。

缶カンで作ったピンホールカメラが、どーしても、丸く写ります。
穴を大きくすれば、もちろん広く写るのですが、
そーするとピンぼけでどーも。
どうせなら綺麗に写ってくれた方が嬉しいし。

と、言うことで、缶カンはそのまま使うことに。

でもー、大きく写すのを諦めたわけじゃーありません。
良い物を見つけたんですね。
100円で。

DSCF6065.jpg

真っ黒のボックスです。
少し、てかりがあるので、つや消しの黒をスプレーして。

サイズは印画紙サイズよりだいぶ大きめ。
厚紙を底に合わせて2枚カット。

一枚には窓枠をつけて。

DSCF6062.jpg

もう一枚には印画紙を固定する三角を。

DSCF6060.jpg

こーすれば、ずれ落ちることもないし。

DSCF6067.jpg

窓枠のサイドには箱の深さに合わせてカットした紙を貼り合わせる。
この紙がフタにあたって、厚紙を押さえつける役となるのです。

そしてフタにピンホールを取り付けて完成。
缶カンが印画紙までの距離8cm。
今回のは12cm。

DSCF6068.jpg

結果はこの通り。
ばっちり四角く写りました。
ピントも良いですね。

穴の大きさは0.4mmまでが良さそうです。
印画紙までの距離が遠いほど、望遠で写るんですねぇ。

さーてと。
次は何を撮ろうかなぁ。

see you soon.

コットン [テキトー論]

今日は仙台に来ています。

image-20121116181206.png

明日の「東北コットンプロジェクト」に参加するために。

会場のセッティングをしてました。
300人ぐらい集まるそう。

津波の影響で塩害被害を受けた土地では、米が作れず。
その代わりに強い植物『綿』を植えて活性できればとのプロジェクト。

今年は台風15号の影響などがあったみたいで大変だったそうですが、
無事に綿になったそうです。

image-2012111618112
<img src=

初めて触ったけど、フカフカして気持ちいいもんですね。

image-20121116181005.png

花が咲いて

image-20121116181025.png

実になって

image-20121116181039.png

割れ目が入って

image-20121116181059.png

更に開く。
花が二回咲くみたいで綺麗ですねー。

明日の収穫が楽しみです。

image-20121116182017.png

see you soon.

火遊び [あそび]

大人しく、近所で遊んでいます。
昨日は火遊びをしました。

ガッサリと、そこらへんに溜まっている落ち葉を集めて
『落ち葉焚き』

もちろん、掃除のために集めたのではありません。

美味しー焼き芋を食べるためです。
最近は町では焚き火をしたらダメなんて言われてて可哀想。
ライターも子供が使えなくなったり。

使い方、やり方を知ってれば危険な事なんてないのにね。

焼き芋美味しいのに、焚き火楽しいのに。

image-20121114111815.png

そんなこんなでトラックいっぱいに落ち葉を集めて、
火を点ければ、湿気ていた落ち葉から真っ白な煙が。

image-20121114111850.png


image-20121114111925.png

その上にさらに落ち葉をくべて、サツマイモを入れて待つこと1時間。

image-20121114111951.png

image-20121114112000.png

バッチリと焼きあがりました。

やっぱり、蒸すより美味しいし、焚き火は最高だ~。
バッチリと食べ過ぎましたけどね。

see you soon.


なんで、こーなるのっ。 [あそび]

今日は久しぶりに写真を現像しました。

ピンホールカメラを作ったんですよ。

DSCF6044.jpg

お土産にもらったクッキー缶が印画紙が入る良いサイズやったから。

これで印画紙のセットが簡単だ。
ってだいぶ前に作って、撮影もしたのに。
全然現像してなかった。

これではダメだ!と本日現像に至ったのです。

やると簡単なんやけど、やり始めるまでが長い。
なかなか暖まらないエンジンです。

DSCF6045.jpg

うん、写ってますね。
でも、これ何で丸くなっちゃうのかな。
印画紙全体に画が写る予定なんだけどなぁ。
ピンホールの穴が小さすぎるのかな。
でも、穴が大きいとぼけるって言うし。
それとも、缶が悪いのかな?

うーん、よく分かりませんね。
本の通りにやってるつもりなんですけどね・・・。

まだまだだ。
明日撮影してみよっと。

see you soon.

イイダコはラッキョウがお好き!? [fly屋 & fishing]

車を一回転させて壊してしまいました。
レガシィごめんなさい。
色んな人に心配かけてごめんなさい。

とりあえず、病院に行って説明したら、
そんな事故して無傷なんて。とビックリされました。

そして、レントゲンをみて、骨太だとビックリされました。
とりあえず、無事でした。丈夫な体だそーです。
マイカーがなくなったので、遊びはしばらくなしです。

では、最後に遊んだ「イイダコ釣り」について。

この釣り、すごく面白いんですよ。
え?なにが?

エサがね、ラッキョウなんですよ。
なんじゃーそれー。って感じですよね。

でも、本当にラッキョウで釣ったらしい。昔は。
今はね、本物じゃなくても、
形の似せたシリコンがあるので、そちらが主流。

DSCF6024.jpg

ま、そうなりますよね。

で、なぜこれが釣れるかと言うと、
イイダコの餌、貝に似ているからだそうで。

本当に!?
とは思いますが、それはまぁ、ね。
釣れるんですよ!これが!これで!です。

楽です。
本当に楽。こんなに道具が少なくていいのか!?
ってぐらい楽。

DSCF6028.jpg

後は釣れてくれれば文句なし。

水深5mぐらいの所に沈めて、誘って、
ぐいっと引っ張られればアタリ。

DSCF6029.jpg

こんな感じで抱きついてくるのです。

最初は強く感じたアタリ、どうやら、
それは大きいサイズだったからだようで、
イマイチ感覚を掴めず。

疲れて座ってやっていたら、なんと。
こまか~いアタリが指先に。

おおおおっっっ、これは!
そう、イイダコのアタリ。

こんなに些細なアタリだったのか!?
だまされた!

とそこから漁師モードです。
前半みんなが10匹釣る中、たった3匹。
でも、最終的には32匹。

DSCF6034.jpg

やりましたね~。
仲間内では一番です。

一年に一回はやりたい釣りかも。

来年も行こうかな。
タコ飯最高だし。

そうそう、下処理をするときはエプロンか、
どうでもいい服がいいですよ!

SUNP0055.jpg

墨だらけになっちゃいますからね。
やられた~。

see you soon.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。