So-net無料ブログ作成
検索選択

最初の一匹はドライフライで。 [fly屋 & fishing]

いや、この時期は本当に遊びがいっぱいで忙しい。

なんで、全部良い時期が同じなんだー!
と叫びたくなるぐらい。

今回の遊びはフライフィッシング
山梨の渓流に行ってきました。

着いてみると山梨は暖かい。
桜もちょうど見頃。
向かった渓流ではヤマブキが咲いていました。

ヤマブキが咲いていると言うことは。
良い時期だと言うこと!

さっそく川に入ってみると、冷たい風が吹き抜けます。
そう、この日はあいにくの天気。
三寒四温のうちの寒にあたっちゃいました。

それでも、昼過ぎになると、カゲロウのハッチが始まって、
ライズも見られるように。

そのライズを狙ってフライを流すと。
「カポッ」と音と共に消えるフライ。

そう、出たのです。
シーズン初の一匹はアマゴ。

DSC_0393.jpg

いや~、綺麗でした。
久しぶりの一匹に喜びも倍増です。

もっと渓流通って練習しよう!
ちゃんと狙ったところにピンポイントで流せないと!

右手、左手、目、脳みそ、フル活用させようと思います。

see you soon.

ホタルイカ、ついに。 [あそび]

来ました!やりました!ホタルイカ!

ライトを照らしたその先にはホタルイカ!
数匹を一気にすくえば、綺麗な光が。

DSCF2379.jpg

やっぱり一匹ずつすくうより、わぁ~ってなりますね。
取ることに必死すぎて、写真が撮れない。
って事に終盤で気づきました。

DSCF2377.jpg

だってね、ホタルイカをいっぱいすくって、
ビチャビチャになった手で、一眼レフを触るわけにも・・・。

でも、ホタルイカすくいたいし。
なので、防水のコンパクトデジカメしか選択肢がないのです!

うーん、ジレンマ

IMG_2192.jpg

今回はなんだかんだで400匹ほどすくえたかな?
クーラーボックスいっぱいとはいかなかったけれど、
久しぶりに興奮するホタルイカでした。

その日の食卓にはもちろんホタルイカの姿が。

IMG_2202.jpg

ボイルしたホタルイカ。
食べても食べてもなくなりません。

いや~楽しかった。
今度は4月まで我慢かな~。

see you soon.

彗星現る。 [あそび]

ついに!ついに!
念願の彗星の撮影に成功!

え?念願って知らない?
まぁ、言い出したのはここ何週間ですからね。

パンスターズ彗星がやってくるとの情報を得て、情報収集。
地球に最接近する日から一週間。

かなり晴れて空気が澄んでいる日、キャンプ場で観察したら、
山が邪魔をして全く見えず!

そこから場所探しに翻弄。
しかーし、いい場所を見つけても晴れず。。。

image-20130322115714.png

頭上は晴れて星も見えているのに、地上付近はモヤやら雲やら。
何と言ってもこの彗星の困ったところは
地平線から10度の角度までしか出てこない。

それって、拳ひとつ分…。
山に囲まれてるのに不利だーー!!!と叫びたくもなります。
そして明るさもイマイチ…。

でも見たいものは見たい!撮りたい!
と粘っていた昨日、ついに!その時が!

いつものように双眼鏡でのぞきつつ、シャッターを押すと。
飛行機とも星とも違うものが!

image-20130322115745.png

これ、彗星ですよね…?

image-20130322115804.png

多分…。きっと…。

でも、彗星肉眼で見えなかったのに。
カメラってすごい…。そんな目が欲しい!

よし、もっとハッキリした写真を撮るぞー。

see you soon.

NEWアイテム [あそび]

この間はサーフでコテンパンにやられた私。
目の前にいたホタルイカをおじさんにサッと捕られてしまった私。

決して腕が悪いわけではないのです。
そう、道具が悪い!
負け惜しみではなくていや、本当に。

おじさんスタイル(サーフ用)
・明るいライトorヘッドライト(広角で照らせる)
・編み目の大きい網(水の抵抗を減らせる)
・ホタルイカキープかご(腰にぶら下げて引っ張るので手が空く)

私スタイル(堤防用)
・昔の懐中電灯(水中は照らせるが範囲が狭い)
・小魚すくい用網(抵抗大&ゴミまですくう)
・バケツ(もう両手が埋まって何も出来ない)

いや、まさかこんなに違うとは!
ホタルイカが沸いていれば道具云々ってのは必要ないんでしょうけど。
数が少ないときはやはり差が・・・。

とりあえず、両手が埋まってライトを照らせないのは困るんです。
波も容赦なくザッパーンって来ますしね。

と、言うことで早速マネ出来そうなのは作ってみました。
カゴにペットボトルをくくりつけて。

IMG_2154.JPG

どーです。
これで片手は空きました。

後はライトでしょう。
買うかどうか悩みましたが、水中が見えないことには・・・ね。
と言うことで、ネットで買っちゃいましたよね。
数日後には到着予定。

4950654032567.jpg

まぁ、防水だし。
何かと役には・・・ね。

see you soon.

女心とホタルイカ [あそび]

天気図、風向き、気温、新月。
どれをとっても今日はホタルイカデーではないかと
思わせるほどのコンディション

行く気はなかったのに、ついつい出かけてしまいました。
明日仕事なのに何してるんだ!
と冷静になった時には、もう富山

そしたらね、もう、ホタルイカを探すしかありません。

DSC_0227.jpg

まず最初に目指したのは、前回行った補助港へ。
早くも数人の人が居たので、その側に。

DSC_0236.jpg

天気は星空が広がる晴れ。
いつホタルイカが来ても良いようにカメラセットするも
一向に現れる気配なし。

んー、思ってたよりも気温が低いから、
今日は沸かないか・・・。

それでも!と徐々に四方方面に向かいます。
色んな所に寄るも、ホタルイカ姿なし。

そして、最後のポイント四方に到着すると、なんと!
ホタルイカがどわぁーっと居るのではなく。
人がどわぁーっと。

DSC_0251.jpg

もう人だらけです。
駐車スペースもままならない。

DSC_0243.jpg

参ったな。
しかも、捕っている人はウェーダーを履いて海の中。
うーん、カメラもって入れないし。

でも、人のを見ていたらやっぱり捕りたくなるもので。
ささっとウェーダーを履き、懐中電灯を肩にかけ、
片手に網、片手にバケツというスタイルに。

海にはいるとザッパーン。
早速海水をかぶりました。

え?みんなこんな中でやってるの?
しかも、バケツ邪魔だし。
懐中電灯暗いし。波で見づらいし。

サーフ難しい!
そんな中かごを引っ張っている人が。

くっ!そうかサーフの時はカゴを使うのか!
堰堤とサーフではやっぱり道具が違うんですね!

勉強になりました。
どっちも対応できるようにしておかないと。

と言うことで今回は退散です。
ホタルイカとの戦いにボロ負けでした。

条件は揃っていたのになぁ。
ホタルイカは気分屋さんですねぇ。
コロコロ気が変わる。

ま、身投げするホタルイカは全部メスですもんね。
気分屋なのはしょーがない!

とりあえず、カゴを用意しようかな。

see you soon.

今シーズンも虜です。 [あそび]

今日で2年か。
早いですね。現在のブタさん貯金箱は7635円。
もっと貯めて、また石巻に遊びに行こう。

さて、ワカサギが終わってこの時期。
気になるのはホタルイカです。

あの青白い光に魅せられて毎年富山に通ってしまう。
もはや病気に近い。

仕事をしていても天気図を見たり。
暖かかったら今日は沸くんじゃないかと考えてみたり。

そして先週、春のようなポカポカ陽気。
掲示板ではいっぱい捕れた!の文字が躍っていて。

でも、私は金曜の夜しかチャンスが無いのです。
天気予報では荒れるの一言。

でもね、昼間異様に暖かかったんですよ。
夜に高気圧が来る天気図だったんですよ。

もう、捕れなくても、雨が降っても、風が吹いても、行くしかないんですよ。
だって、もし、身投げがあったら泣けちゃいますもん。
後悔しちゃいますもん。
と言うことで、仕事終わりに車を走らせました。

網やらライトやらバーナーやらを乗っけて。

富山について21:30~スタート。
いきなり一匹捕獲!
これはなかなか幸先の良いスタートです。

それでも、天気予報通りの強風、西風です。
でも、まったく寒くない暖かさ。

ワカサギに比べればこんなもの!です。

しかしながら、ホタルイカは時速1匹。
地元の人は今日はいっぱい捕れないからと。
どんどん帰って行きますが。

遠くから来ている私は諦められない。
そう、粘るしかないのです。

車にも入らず待つこと03:00。
いきなり、ポツポツと姿を現しました!

沸く!まではいかなかったものの、計50匹ほど捕れました。
良かった~今シーズンは初っぱなからホタルイカの姿が見られました。

ふとバケツを見ると、ホタルイカが発光していたので、
写真を撮ってみました。

DSC_0217.jpg

強い光を発するのは触手なんですが、弱い光は全体から発するんです。
いやぁ、綺麗ですね。

やっぱり何度見ても魅了されてしまう。

see you soon.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。