So-net無料ブログ作成
検索選択

船酔いキャプテン、まさかの克服!? [fly屋 & fishing]

船酔いキャプテン、初カワハギ釣りに挑戦です!
しかも、初挑戦なのに、つりジェンヌが開催する
女性だけのカワハギ釣り大会にチャレンジ。

いやしかし、世の中には運ってゆーものがありますから。
もしかしたら・・・ね、優勝しちゃうかもしれないですし・・・。

エサ泥棒と名高いカワハギ、いざ勝負!

とその前に、試練です。
最大3mの波が私の目の前に立ちはだかるのです。

いやほんと、酔わない方が奇跡。
しかもね、エサのアサリを付ける細かい作業が。
うっ。ってなるんですよ。

なので、チャチャチャッと適当に付けて酔いを回避。
(エサの正しい付け方は、水管→ベロ→ワタ。全体を丸く仕上げる。)
後は、とりあえず、しゃべる。しゃべる。ひたすら、しゃべる。

そして、自分は酔わないと言い聞かせる。

とりあえず、釣り開始。
大荒れの中、ひたすら叩く。とゆー作業をするらしい。

竿をピシバシと動かして水面を叩くイメージ
そーすると、水中でエサが動いて、カワハギが寄ってくる。とのこと。

それがまー、レンタル竿だと難しい。
柔らかくて、叩けてるのかどうか。いや、叩き方を知らないのがまず・・・。

と、そんなこんなテンヤワンヤしつつ、隣を見つつ。
その隣も見つつ。

カワハギ3.JPG

やりました!
釣れました。

う~ん、もうチョットやれば、コツが掴めそうな・・・。

もうチョット練習かな。
今回の釣果は5枚。次はもうチョット釣れるかな。

カワハギ釣り、竿によって釣果が変わるのは確実ですね。
その点はわかさぎと似てるかも。

うーん、手頃なのがあると良いけど。

カワハギ、なぜもう一回挑戦しようとしているかと言うと。
それは、美味しいから。

カワハギ1.JPG

刺身にして、肝とアサツキを添えて食べたらもう!

カワハギ5.JPG

刺身に出来ない小さいものでも、鍋にバッチリ。
さっぱりとして、美味しい身なのです。

はー、書いてたらまた食べたくなりました。
またカワハギに遊んでもらいましょうかね。

あ、そうそう、今回は運がなかったようです。
でも、まぁ、美味しかったから。ね。

see you soon.

船酔いキャプテン、真っ黒に。 [fly屋 & fishing]

ブシュー!!!!
なんだなんだ!?

黒い固まりが空を飛ぶ。
その正体は、墨。

そう、今回はスミイカを釣りに来たのです。
前日の悪天国の影響か、午前中の太刀魚は船全員ボ・ウ・ズ。

image-20131201125239.png

午後のスミイカも、嫌な予感を持ちつつ出発。
そんな、嫌な空気を吹き飛ばす一匹。

墨も吹き飛ばすスミイカ。
いや、まき散らしスミイカ。
甲板はもちろん、持ち物、自分、他人まで巻き込みます。

自分が釣った写真なんて撮る気にもなれません。
だって、いつ墨攻撃をくらうかドキドキです!

それでも、墨を吹かないためにはコツがあるようで、
ポイントは優しく。刺激はもってのほか。
釣り上げたら優しく引き上げて、エギを持ちます。

image-20131201125114.png

そしたら、胴体ではなく、目のところをグッと持ってエギを外します。

image-20131201125145.png

船に頭を叩きつけて、ツノを折ります。

image-20131201125205.png

後はバケツに入れるだけ。
と、ここで油断して投げ入れるとその刺激でブシャッ!と。

もうね、スミイカはお気に入りの格好で行っちゃだめです。

今回は釣果は少なく2匹でした。釣り方のポイントは…
全然分かりませんでした!でも早く巻かないこと。
イカの触手が切れてバレるとが多いんですって。
ま、私も大きいのそれでバラしました!

釣るポイントは分かりませんが。何よりも、汚れても良い格好で!!

image-20131201125302.png


see you soon.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。