So-net無料ブログ作成
検索選択

わかさぎ孵化器 [テキトー論]

この前芦ノ湖に行ってきました。
わかさぎの人工孵化の事を勉強するためです。

わかさぎの人工孵化においては最先端の技術を持つ芦ノ湖漁協。

いや~、勉強になりました。
もちろん、頭では順番も分かっていたし、いろいろ話も聞いていたから、
知っていたつもりでしたが!

百聞は一見にしかず!

大まかな流れはこうです。

IMG_1652.jpg

①わかさぎ(親魚)を捕獲

IMG_1658.jpg

②死魚、ごみ、雑魚を選別

IMG_1573.jpg

③一晩置いておく(そーすると卵を勝手に産み落とす訳です。)

IMG_1578.jpg

IMG_1596.jpg

④産んだ卵(受精卵)を集める

IMG_1602.jpg

IMG_1628.jpg

⑤人工孵化器に入れる為の処理をする
(受精卵は石とかにくっつくため、粘着性があるので、それをくっつかないように処理します。
もし、処理をしないと、孵化器に入れた時に卵同士がくっついて、死卵になるからです。)

IMG_1641.jpg

⑥人工孵化器で成長させる
(筒状の孵化器で下から常に水を流入させ上から排出。
筒の中でぐるぐる卵を回し酸欠にならないようにしています。)

とこれを繰り返すのです。
昔は、②のところでオスとメスを分けて、
メスのお腹を押して卵を絞って人工授精をして
受精した卵を繊維にくっつけるとゆー作業をしていた訳ですが。

これでは、絞ったわかさぎはもちろん死んでしまいます。
しかも、The重労働。
な上に、未成熟な卵まで絞り出すので、受精率は低め。

ところが、今の方法をとれば、産みたいやつが産むので受精率は高く、
しかも、わかさぎが死なない!

IMG_1586.jpg

大きいものを除いて、わかさぎを湖に戻します。(資源が減らない!)

もちろん、この作業が楽なわけではありません。
わかさぎを捕ってくるのは重いし!
水は冷たいし!

でも、昔よりは格段に楽になっているうえに、孵化率が高い。
うちの近くの漁協もやってくれないかなぁ。
おっと。

あ、そうそう、ふ化したわかさぎは、自分で湖へ泳ぎだします。

IMG_1610.jpg

孵化器の上の排出口から脱出。

IMG_1611.jpg

IMG_1618.jpg

樋を伝ってホースへ、そして湖へ。


と言うことで、また一段とわかさぎに詳しくなりました。
日々勉強だ。

see you soon.

ソリスト [あそび]

シーズンの雪遊びは、スノボスキーにソリ!!

ソリをする人を『ソリスト』
と勝手に名付けて、一人で滑ってます。

本当は山の中を滑ってくるのが好きなのですが、
たまにはこんな事もありかなぁ~と。

危険だからあんまりやらないけれどもね。

と、ゆー事でよい子の皆さんはマネをしないよーに!

https://www.youtube.com/watch?v=cwAz5kRQxsU
ソリスト1

https://www.youtube.com/watch?v=5yQvjl_tDFY
ソリスト2

https://www.youtube.com/watch?v=oEzaxKPsUQU
ソリスト3

see you soon.

今年は行くぞ!! [テキトー論]

震災から3年。
あっちゅーまに過ぎました。

この前テレビに、震災の事を語る「かたりべ」の女子高生が。
進まない復興にいらだちを感じたと。

大人たちは何をしているんだって。
大人なんだからもっと出来るでしょ!?

私たちより知識も経験もあるんだからって。

でも、そのうち大人に頼りっぱなしだったなぁーって
頼ってばっかりで何もしてなかったと思って、
自分に出来ることを考えて、かたりべになったと言っていた。

時間かかるだろうな。神戸も時間かかったし。
今だって神戸は問題抱えてるっていうもんね。

強くなるしかないんだろうなぁ。
なんて思った昨日。

豚貯金箱.JPG

この豚さん貯金箱を開けると。
「11116円」
もちろん、募金はしません。

石巻に旅行して、美味しい秋刀魚を買おうかな~。
なんて思っています。

今から、楽しみですね。

see you soon.

一生分のマテリアル [fly屋 & fishing]

久しぶりの投稿過ぎて忘れられそうな…。
ごめんなさい。

わかさぎシーズンが始まって、バタバタバタと。
でも、遊んでないわけではないのです。

最近もっぱら気になっていることは、これです。

DSCF3265.jpg

そう、鹿皮です。

そうそう、これを背中にしょって、またぎにね…って!違います。
まぁ、暖かいからそーゆー使い方も出来ますが!

これはフライのマテリアルに使うのです!
その量、まぁ一生涯分ありそうですね。

この鹿皮には思い入れがあるのです。
なぜなら!自分で皮をなめしたから!

ドライフライでの最初の一匹は楽しくワクワクさせられて、
次に自分で巻いたフライで釣った魚は特別になって、そして次回、
自分でなめした鹿でフライを巻いて釣れたら、それはもう格別になるんじゃないかと。

今からもう、ワクワクしちゃってしょうがないのです。

この鹿皮をなめすには、

①地元の漁師と仲良くなって、毛皮をもらう。

②高圧洗浄機で残った身と脂を落として、中性洗剤で毛皮の汚れを洗い落とす。
高圧洗浄中は誰も近寄りません。
だって鹿水が飛び散っているから。

ミョウバンと塩を混ぜたものを皮に塗りこむ→1週間放置。

④ミョウバンを削り取るる。→毛づくろいをしながら10日乾かす。

⑤削り取れなかったミョウバンを電動サンダーで落とす。

とゆー作業工程をやって完成なのです。

難しいと思っていたけれど、やってみれば出来る。のですが。
なんせ時間がかかるので、待ちきれないってのが少し厄介でした。

もう一頭ぐらいやってみたいなぁ。
今度は腰巻とかにね。
そしたら雪の上に座るときでも暖かいらしいです。

マテリアルにするって言ったら皆から「えっーーーー!」って。
いいんだいいんだ、だって私の鹿だもん!

目下の悩みは、どの部分でカットするかとゆー事です。

DSCF3268.jpg

あんな毛も

DSCF3267.jpg

こんな毛も

DSCF3270.jpg

そんな毛もありますからね。

see you soon.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。