So-net無料ブログ作成
テキトー論 ブログトップ
前の10件 | -

わかさぎ孵化器 [テキトー論]

この前芦ノ湖に行ってきました。
わかさぎの人工孵化の事を勉強するためです。

わかさぎの人工孵化においては最先端の技術を持つ芦ノ湖漁協。

いや~、勉強になりました。
もちろん、頭では順番も分かっていたし、いろいろ話も聞いていたから、
知っていたつもりでしたが!

百聞は一見にしかず!

大まかな流れはこうです。

IMG_1652.jpg

①わかさぎ(親魚)を捕獲

IMG_1658.jpg

②死魚、ごみ、雑魚を選別

IMG_1573.jpg

③一晩置いておく(そーすると卵を勝手に産み落とす訳です。)

IMG_1578.jpg

IMG_1596.jpg

④産んだ卵(受精卵)を集める

IMG_1602.jpg

IMG_1628.jpg

⑤人工孵化器に入れる為の処理をする
(受精卵は石とかにくっつくため、粘着性があるので、それをくっつかないように処理します。
もし、処理をしないと、孵化器に入れた時に卵同士がくっついて、死卵になるからです。)

IMG_1641.jpg

⑥人工孵化器で成長させる
(筒状の孵化器で下から常に水を流入させ上から排出。
筒の中でぐるぐる卵を回し酸欠にならないようにしています。)

とこれを繰り返すのです。
昔は、②のところでオスとメスを分けて、
メスのお腹を押して卵を絞って人工授精をして
受精した卵を繊維にくっつけるとゆー作業をしていた訳ですが。

これでは、絞ったわかさぎはもちろん死んでしまいます。
しかも、The重労働。
な上に、未成熟な卵まで絞り出すので、受精率は低め。

ところが、今の方法をとれば、産みたいやつが産むので受精率は高く、
しかも、わかさぎが死なない!

IMG_1586.jpg

大きいものを除いて、わかさぎを湖に戻します。(資源が減らない!)

もちろん、この作業が楽なわけではありません。
わかさぎを捕ってくるのは重いし!
水は冷たいし!

でも、昔よりは格段に楽になっているうえに、孵化率が高い。
うちの近くの漁協もやってくれないかなぁ。
おっと。

あ、そうそう、ふ化したわかさぎは、自分で湖へ泳ぎだします。

IMG_1610.jpg

孵化器の上の排出口から脱出。

IMG_1611.jpg

IMG_1618.jpg

樋を伝ってホースへ、そして湖へ。


と言うことで、また一段とわかさぎに詳しくなりました。
日々勉強だ。

see you soon.

今年は行くぞ!! [テキトー論]

震災から3年。
あっちゅーまに過ぎました。

この前テレビに、震災の事を語る「かたりべ」の女子高生が。
進まない復興にいらだちを感じたと。

大人たちは何をしているんだって。
大人なんだからもっと出来るでしょ!?

私たちより知識も経験もあるんだからって。

でも、そのうち大人に頼りっぱなしだったなぁーって
頼ってばっかりで何もしてなかったと思って、
自分に出来ることを考えて、かたりべになったと言っていた。

時間かかるだろうな。神戸も時間かかったし。
今だって神戸は問題抱えてるっていうもんね。

強くなるしかないんだろうなぁ。
なんて思った昨日。

豚貯金箱.JPG

この豚さん貯金箱を開けると。
「11116円」
もちろん、募金はしません。

石巻に旅行して、美味しい秋刀魚を買おうかな~。
なんて思っています。

今から、楽しみですね。

see you soon.

あけまして [テキトー論]

みなさま。
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

年賀状2014.2.jpg

こんなに挨拶が遅くなって恥ずかしいかぎりなのですが。
実は理由がありまして…

ノロウィルスに感染しちゃったんですねぇ。
いやはや、なかなか大変でした。

なんたって、1/1に発症でしたから。
いや〜こんな事もあるんですね〜。びっくりです。

と、ゆーことで。今年の目標は健康第一にしたいと思います!

see you soon.

中秋の名月 [テキトー論]

いつもなら、まっさきに団子なんですが。

今回はなんと、月に集中。

ま、予想外の場所で見る事になっちゃったからなんですがー。
それが功を奏してこんなに綺麗な風景が目の前に!

image-20130924220811.png

友達とエメラルドグリーンの湖を見に行こうと湯釜へハイキングに。
いざ目の前に広がる湯釜は、白くて全く緑の気配なし。

でも、せっかく来たからコーヒーでも飲もうと、
お気に入りの道具を引っぱり出して一服。

image-20130924220848.png

周りを眺めると、やけにカメラを持った方々が…
もしや、月?
と思って聞いてみるとやはり月。
湯釜と満月を撮ろうってゆー作戦だったようで。

何時ごろに月昇るんですかねぇ〜って軽い気持ちで聞いたら
あと20分だよ!って、これは見るしかありません。

image-20130924221255.png

image-20130924221316.png

image-20130924221330.png

夕焼けを眺めて、月を眺めて。
まさかこんな綺麗な景色が見られるなんて、幸せ者でした。

でも、この時期は夕方になると急激に気温が…
半袖の私、激寒。鼻水をすすりながらの絶景でしたー。


image-20130924221409.png

次の日。
やっぱりススキと月の組み合わせでお団子を食べたのは内緒です。

ナンシー最終脱皮 [テキトー論]

ナンシーがナンシーになる前に。
蛹になるとゆーシーンがあったのを忘れていました!

そう、前蛹から完璧に蛹になるために、
最後の脱皮をするのです!

DSC_0070.jpg

DSC_0076.jpg

DSC_0085.jpg

このイモムシの形から徐々に色が変化。緑色が白っぽい色に。

DSC_0101.jpg

そしたら段々皮が浮いてきてー。

DSC_0102.jpg

いきなり背中がパカッと割れた!

DSC_0104.jpg

と思ったら、動く動く。

DSC_0107.jpg

DSC_0111.jpg

DSC_0116.jpg

DSC_0118.jpg

人間が服を脱ぐように体をくねらせて。

DSC_0121.jpg

DSC_0132.jpg

DSC_0136.jpg

DSC_0137.jpg

最後に縮んだ皮をポイッと投げれば脱皮完了。

DSC_0141.jpg

脱皮したては何と黄緑色。
柔らかそ~な色合いです。

DSC_0065.jpg

それが、一晩経つと見慣れた蛹に。
これで外敵から身を守れそうですねー。

そして、この蛹の中はいったいどうなっているのかとゆーと。
なんと、液体。だそうです。

一度液体にしてから、また神経とかを作り出すそうで・・・。
なんと不思議な、難しいことを・・・。
すごいですね。不思議すぎてチンプンカンプンです。

でも、綺麗なアゲハになるのです。
すごいな、イモムシ。

see you soon.

美しきナンシー [テキトー論]

DSC_0565.2.jpg

ついに、ナンシー蝶々バージョンを撮ることが出来ました。
いや~、去年は観られなかったから嬉しいの一言!

DSC_0569.jpg

DSC_0558.jpg

でも。でも。
残念ながら羽化のシーンは観ることが出来ませんでした。
ナンシー!なにも仕事中に羽化しなくても・・・。

DSC_0597.jpg

それでも、美しく成長したナンシーには見とれるばかり。

いや~、本当に美しかった。

DSC_0604.jpg

とにかく色が鮮やかで。
でも、飛ぶのは少し苦手。

DSC_0607.jpg

お腹の中に水分が入っているようで、体が重いんですね。
ヒラヒラと飛んでいるものよりも、ずんぐりむっくりしています。

枝に捕まって水分を出したら、スーッと飛び出していきました。

こんなに綺麗ならずっと観ていられるなぁ~。
今度は是非とも羽化のシーンが観られると良いなぁ~。

see you soon.

ナンシー変身 [テキトー論]

ナンシーがついに蛹に!!

と言っても、まだ蛹ではありません。
蛹になる前の「前蛹(ぜんよう)」段階。

そんな前蛹になる直前のナンシーを観察できました。

DSC_0270.jpg

何で下を向いているのかな~
なんて思っていたら、お尻をくっつけるために作業をしていた様子。

DSC_0279.jpg

時間が経ってみたら、ちゃんと頭が上を向いていました。

お尻がちゃんと固定できたら、今度は上半身を固定させる作業。

DSC_0284.jpg

DSC_0283.jpg

体をグニャッと曲げて、口と手を動かしています。
右から左へぐるりと大きく。

DSC_0293.jpg

同じ動きを何回も繰り返すと、うっすらと糸が!
いや~、頑張ってますナンシー。

DSC_0306.jpg

DSC_0307.jpg

DSC_0308.jpg

DSC_0309.jpg

そして強靱な糸になったら、
頭を糸にくぐらせて、ヨイショっと、体を入れ込みます。

DSC_0315.jpg

これで、上半身も安心して身を任せられますね-。
そしたら、もう、蛹化にまっしぐら。

DSC_0316.jpg

翌日には足を話して前蛹に。

もう一回、脱皮をすれば完璧な蛹ですね~。
あー、楽しみ楽しみ。

see you soon.

セミ羽化再び! [テキトー論]

今日は久しぶりにセミの羽化を観ました。

そりゃもーバタバタしちゃいましたね。
だって、スクールが始まりそうと準備をしていたら、
見慣れない動きをするモノが。

ん?
セミの幼虫?

うわ~でも教室が~と、とりあえず入れ物に。
その後教室が終わって、さーて、片付けを。

なんて思ってセミを見たら。
うわっ、背中が割れてる!!
なんで!夜ちゃうの!?

DSC_0122.jpg

と大慌てで、木材につかませる。
しか~し、片手しか動かず、かすかに爪先が引っかかっている程度。
これは不安だ!不安すぎる!!状態で羽化開始。

DSC_0125.jpg

DSC_0133.jpg

まずは頭を出して、腕を出す。
羽化している最中に、ビクビクッビクビクッと小刻みに体を震わせ、
どんどん出始めます。

DSC_0146.2.jpg

DSC_0150.jpg

色は全体的に蛍光の黄緑。
かなり奇抜な色で、羽の付け根はオレンジ。
これまた派手。
いつも見るセミからは全く想像の出来ないカラーリング。

DSC_0154.jpg

お尻だけを残して、上半身を出したらしばし休憩。
体を乾かしつつ、腕を動かす準備中。

DSC_0167.jpg

それにしても、反り返りすぎでは!?
と思うほどそり返していて、この間はお尻しか引っかかっていない!

そしてチョット動き出したな~と思ったときに事件が!
震動に耐えきれず、ひっかっけていた足が外れ落下!!

慌てて、体には触れないように拾い上げ、
今度は爪の部分を指で押さえる。

どうだろう・・・。
落下の影響は・・・祈るように見つめていると。
数分後またもや動き出す。
何とか乗り切ったようで。

DSC_0177.jpg

DSC_0183.jpg

DSC_0187.jpg

そして足が動き出せば、そり返した体を持ち上げて、
蛹にくっつきます。そして、お尻をスポッと引っこ抜くのです。

そしたら、今度は羽を広げます。
しっかり捕まって、ヨイショって感じで体を動かします。

すると徐々に伸びていく羽。
これ、どうやって蛹に収納していたのか。不思議です。

そしてまた事件が!
またしても蛹ごと落下。

今度は私のミスです。
少し気を抜いた瞬間、ぽろっと。
ごめん!ごめんよ!

DSC_0194.jpg

そして、今度は蛹を持って、セミだけ木材に。
自力でしっかりと捕まってくれました。

DSC_0198.jpg

その後は羽が伸びるのを待つばかり。
落下の影響が無いことを祈りながら。

DSC_0205.jpg

何とか無事に羽を伸ばしてくれました。
いや~、良かった。

DSC_0214.jpg

DSC_0216.jpg

しかし綺麗ですね。
この羽の色。
何回見ても綺麗です。

次回見つけたら、安定した羽化をさせてあげたいですね。
今回で、どんな状態になったら羽化が始まるのかが分かった気がします。

とにかく無事で良かった。
夕暮れの半袖観察は寒すぎましたけどね!!

see you soon.

17ナンシー [テキトー論]

去年さんざんナンシーナンシーと言ってたのに、
今年は・・・。

実はですねー。
越冬したナンシーの羽化をこの目で!カメラで!
バッチリと収めようと思っていたんですよ!
と・こ・ろ・が!ですよ。

DSC_0926.jpg

気が付いたら蛹がこんな事に!

DSC_0928.jpg

あれっ、羽化しちゃったね。
換気してた窓から飛び出しちゃったね。。。

と言うことで!
またもや、一から観察し直しです!

そしてですねー。
ちゃんと今年もナンシーが居るんですね~。

しかもその数、17ナンシー。
じゅうなななんしー。なんて言いにくいんでしょうか。

その17ナンシー現在20日目、そんな成長記録をどうぞ。

DSC_0948.jpg

DSC_0938.jpg

黄色い無数の卵が!

DSC_0950.jpg

少し色が濃くなって、縞模様が入ります。

DSC_0956.jpg

さらに少し縞模様が濃くなって、

DSC_1080.jpg

それが数日続いたら、今度は黒色に。

DSC_0013の2.jpg

そして14日目ついにふ化!体長3mm
あまり黒くありませんね。

DSC_0008.jpg

数日経つと黒くなって。

w.jpg

更に数日20日目、体の真ん中に白っぽい模様が。
体長は10mmになりました。

いや~可愛いですね~。
ついつい毎日見てしまう。

緑になるのは何日目なんでしょうかね・・・。

see you soon.

オバボタル [テキトー論]

DSC_0035.jpg

なんだこいつは!?
ホタル??
でも、ちょっと違うよな。

DSC_0036.jpg

いや、でも、ホタルなような。
でも、ヘイケボタルじゃないし、ゲンジはここに居ないし。

DSC_0067.jpg

DSC_0059.jpg

体は平べったく、全体的につや消しブラックで
頭部の赤色と長い触覚が特徴的。

DSC_0055.jpg

腹部を見ると、小さいけど、発光器のようなモノが。
やっぱり、ホタルか。。。

調べてみると、似ているホタルが二種類。
「オバボタル」と「オオオバボタル」

姿形はほとんど変わらず、赤色の部分の大きさと、
体長が違うらしい。

これの体長は11mm。
この特徴にあてはまるのは『オバボタル』。

しかし低山で多くみられるらしい。
オオオバボタルは高山。1200mなのに、オバボタルなのだろうか?

しか~し、オオオバボタルの体長は13mm以上。
よし、「オバボタル」ってことにしよう。

そして、このオバボタル。
元気に発光すると思いきや、羽化した時が一番強い光を放つらしく。
それ以外はほとんど光らないと。

なにー、蛍なのにほとんど光らないとか。
これは発光で求愛するんではなくて、
特徴的な長い触角から出るフェロモンを使うらしい。
じぇじぇじぇ。色んな種類がいるもんだ。

しかも、オバボタル。
水辺ではなく、陸生なのです。だから、幼虫も陸。
腐葉土の下とかに居てミミズを食べているらしい。

なるほど!
森の中で見ていた光は君たちだったのか。

と、言うことは、キャンプ場には何種類か居るのかな?
ヘイケボタルが生息しているのは知っているけど。

ちょっと興味が沸いてきましたね~。
ホタルについて調べてみようかな。

see you soon.

前の10件 | - テキトー論 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。