So-net無料ブログ作成

美しきナンシー [テキトー論]

DSC_0565.2.jpg

ついに、ナンシー蝶々バージョンを撮ることが出来ました。
いや~、去年は観られなかったから嬉しいの一言!

DSC_0569.jpg

DSC_0558.jpg

でも。でも。
残念ながら羽化のシーンは観ることが出来ませんでした。
ナンシー!なにも仕事中に羽化しなくても・・・。

DSC_0597.jpg

それでも、美しく成長したナンシーには見とれるばかり。

いや~、本当に美しかった。

DSC_0604.jpg

とにかく色が鮮やかで。
でも、飛ぶのは少し苦手。

DSC_0607.jpg

お腹の中に水分が入っているようで、体が重いんですね。
ヒラヒラと飛んでいるものよりも、ずんぐりむっくりしています。

枝に捕まって水分を出したら、スーッと飛び出していきました。

こんなに綺麗ならずっと観ていられるなぁ~。
今度は是非とも羽化のシーンが観られると良いなぁ~。

see you soon.

ナンシー変身 [テキトー論]

ナンシーがついに蛹に!!

と言っても、まだ蛹ではありません。
蛹になる前の「前蛹(ぜんよう)」段階。

そんな前蛹になる直前のナンシーを観察できました。

DSC_0270.jpg

何で下を向いているのかな~
なんて思っていたら、お尻をくっつけるために作業をしていた様子。

DSC_0279.jpg

時間が経ってみたら、ちゃんと頭が上を向いていました。

お尻がちゃんと固定できたら、今度は上半身を固定させる作業。

DSC_0284.jpg

DSC_0283.jpg

体をグニャッと曲げて、口と手を動かしています。
右から左へぐるりと大きく。

DSC_0293.jpg

同じ動きを何回も繰り返すと、うっすらと糸が!
いや~、頑張ってますナンシー。

DSC_0306.jpg

DSC_0307.jpg

DSC_0308.jpg

DSC_0309.jpg

そして強靱な糸になったら、
頭を糸にくぐらせて、ヨイショっと、体を入れ込みます。

DSC_0315.jpg

これで、上半身も安心して身を任せられますね-。
そしたら、もう、蛹化にまっしぐら。

DSC_0316.jpg

翌日には足を話して前蛹に。

もう一回、脱皮をすれば完璧な蛹ですね~。
あー、楽しみ楽しみ。

see you soon.

セミ羽化再び! [テキトー論]

今日は久しぶりにセミの羽化を観ました。

そりゃもーバタバタしちゃいましたね。
だって、スクールが始まりそうと準備をしていたら、
見慣れない動きをするモノが。

ん?
セミの幼虫?

うわ~でも教室が~と、とりあえず入れ物に。
その後教室が終わって、さーて、片付けを。

なんて思ってセミを見たら。
うわっ、背中が割れてる!!
なんで!夜ちゃうの!?

DSC_0122.jpg

と大慌てで、木材につかませる。
しか~し、片手しか動かず、かすかに爪先が引っかかっている程度。
これは不安だ!不安すぎる!!状態で羽化開始。

DSC_0125.jpg

DSC_0133.jpg

まずは頭を出して、腕を出す。
羽化している最中に、ビクビクッビクビクッと小刻みに体を震わせ、
どんどん出始めます。

DSC_0146.2.jpg

DSC_0150.jpg

色は全体的に蛍光の黄緑。
かなり奇抜な色で、羽の付け根はオレンジ。
これまた派手。
いつも見るセミからは全く想像の出来ないカラーリング。

DSC_0154.jpg

お尻だけを残して、上半身を出したらしばし休憩。
体を乾かしつつ、腕を動かす準備中。

DSC_0167.jpg

それにしても、反り返りすぎでは!?
と思うほどそり返していて、この間はお尻しか引っかかっていない!

そしてチョット動き出したな~と思ったときに事件が!
震動に耐えきれず、ひっかっけていた足が外れ落下!!

慌てて、体には触れないように拾い上げ、
今度は爪の部分を指で押さえる。

どうだろう・・・。
落下の影響は・・・祈るように見つめていると。
数分後またもや動き出す。
何とか乗り切ったようで。

DSC_0177.jpg

DSC_0183.jpg

DSC_0187.jpg

そして足が動き出せば、そり返した体を持ち上げて、
蛹にくっつきます。そして、お尻をスポッと引っこ抜くのです。

そしたら、今度は羽を広げます。
しっかり捕まって、ヨイショって感じで体を動かします。

すると徐々に伸びていく羽。
これ、どうやって蛹に収納していたのか。不思議です。

そしてまた事件が!
またしても蛹ごと落下。

今度は私のミスです。
少し気を抜いた瞬間、ぽろっと。
ごめん!ごめんよ!

DSC_0194.jpg

そして、今度は蛹を持って、セミだけ木材に。
自力でしっかりと捕まってくれました。

DSC_0198.jpg

その後は羽が伸びるのを待つばかり。
落下の影響が無いことを祈りながら。

DSC_0205.jpg

何とか無事に羽を伸ばしてくれました。
いや~、良かった。

DSC_0214.jpg

DSC_0216.jpg

しかし綺麗ですね。
この羽の色。
何回見ても綺麗です。

次回見つけたら、安定した羽化をさせてあげたいですね。
今回で、どんな状態になったら羽化が始まるのかが分かった気がします。

とにかく無事で良かった。
夕暮れの半袖観察は寒すぎましたけどね!!

see you soon.

17ナンシー [テキトー論]

去年さんざんナンシーナンシーと言ってたのに、
今年は・・・。

実はですねー。
越冬したナンシーの羽化をこの目で!カメラで!
バッチリと収めようと思っていたんですよ!
と・こ・ろ・が!ですよ。

DSC_0926.jpg

気が付いたら蛹がこんな事に!

DSC_0928.jpg

あれっ、羽化しちゃったね。
換気してた窓から飛び出しちゃったね。。。

と言うことで!
またもや、一から観察し直しです!

そしてですねー。
ちゃんと今年もナンシーが居るんですね~。

しかもその数、17ナンシー。
じゅうなななんしー。なんて言いにくいんでしょうか。

その17ナンシー現在20日目、そんな成長記録をどうぞ。

DSC_0948.jpg

DSC_0938.jpg

黄色い無数の卵が!

DSC_0950.jpg

少し色が濃くなって、縞模様が入ります。

DSC_0956.jpg

さらに少し縞模様が濃くなって、

DSC_1080.jpg

それが数日続いたら、今度は黒色に。

DSC_0013の2.jpg

そして14日目ついにふ化!体長3mm
あまり黒くありませんね。

DSC_0008.jpg

数日経つと黒くなって。

w.jpg

更に数日20日目、体の真ん中に白っぽい模様が。
体長は10mmになりました。

いや~可愛いですね~。
ついつい毎日見てしまう。

緑になるのは何日目なんでしょうかね・・・。

see you soon.

パラグライダーin朝霧 [あそび]

DSC_1144.jpg

先日、朝霧高原にパラグライダーをしに行ってきました。
え、去年も行ったんじゃー?って?

そう、去年も行ったんですけどね!
いや、楽しくて楽しくて。

DSC_1133.jpg

特に一人で飛ぶのが楽しいんですよ。

もちろん高いところから飛べませんが、
自分で操縦できるってのがねー。良いんですよ。

難しくてなかなか上手にはいかないんですけどねぇ。
そして、パラグライダー結構力が必要です。

最初しっかり力を入れないと、風に体をもっていかれる!
やっぱり風は強いなぁ~。
友達になるところから始めないといけないか!?

パラグライダーin朝霧.gif

最初は好かれてるのに、気を抜くと裏切られます。
こんな風にね。

あー、面白かった。
後半戦はタンデムでかなり上空を楽しみます。
それはまた今度。

この日はもちろんお気に入りの道具でキャンプです。

DSC_1195.jpg

DSC_1180.jpg

DSC_1189.jpg

もー、ご機嫌で幸せな一日なのです。

see you soon.

オバボタル [テキトー論]

DSC_0035.jpg

なんだこいつは!?
ホタル??
でも、ちょっと違うよな。

DSC_0036.jpg

いや、でも、ホタルなような。
でも、ヘイケボタルじゃないし、ゲンジはここに居ないし。

DSC_0067.jpg

DSC_0059.jpg

体は平べったく、全体的につや消しブラックで
頭部の赤色と長い触覚が特徴的。

DSC_0055.jpg

腹部を見ると、小さいけど、発光器のようなモノが。
やっぱり、ホタルか。。。

調べてみると、似ているホタルが二種類。
「オバボタル」と「オオオバボタル」

姿形はほとんど変わらず、赤色の部分の大きさと、
体長が違うらしい。

これの体長は11mm。
この特徴にあてはまるのは『オバボタル』。

しかし低山で多くみられるらしい。
オオオバボタルは高山。1200mなのに、オバボタルなのだろうか?

しか~し、オオオバボタルの体長は13mm以上。
よし、「オバボタル」ってことにしよう。

そして、このオバボタル。
元気に発光すると思いきや、羽化した時が一番強い光を放つらしく。
それ以外はほとんど光らないと。

なにー、蛍なのにほとんど光らないとか。
これは発光で求愛するんではなくて、
特徴的な長い触角から出るフェロモンを使うらしい。
じぇじぇじぇ。色んな種類がいるもんだ。

しかも、オバボタル。
水辺ではなく、陸生なのです。だから、幼虫も陸。
腐葉土の下とかに居てミミズを食べているらしい。

なるほど!
森の中で見ていた光は君たちだったのか。

と、言うことは、キャンプ場には何種類か居るのかな?
ヘイケボタルが生息しているのは知っているけど。

ちょっと興味が沸いてきましたね~。
ホタルについて調べてみようかな。

see you soon.

ホタルイカ持ち物 [あそび]

ホタルイカすくいの道具を書いておかないと、また次回忘れそうなので。

□雨具
□防寒具(スキーウェアみたいなの)
□ダウン(↑の下に着る)
□防寒靴(ソレルのような暖かいの)
□長靴
□カイロ
□キャップ
□ウェーダー(サーフ用)
□網(サーフ用の短いのと、堤防用の長いもの)
□カゴ※1
□クーラーボックス+氷
□ライト+電池※2
□バーナー+コッフェルセット
□調味料
□ジップロック
□バケツ
□椅子
□カメラ
□お金
□お菓子

参考に使っているものの画像を。

IMG_2154.JPG

※1

4950654032567.jpg

※2

ま、調子に乗って2のライトは
現地に置き忘れてきちゃったんですけどね。

ホタルイカは荷物が多いのがネックです。
でも、色々あった方が楽しめるし、対応出来るし。
いや~荷物は減らせそうにありませんね・・・。

船酔いキャプテンin江の島 [fly屋 & fishing]

年に一度はやりたくなる釣りたくなる魚「キス」。
だってね、美味しいんですよ、これがまた。

フワッとした白身。
何とも言えない上品な味。
やっぱり食べたくなりますよね。

IMG_2938.jpg

エサを使おうとも!
船酔いのリスクがあろうとも!
それでも食べたくなるのです。

IMG_2960.jpg

出船して釣り場へ到着。
仕掛けを落として、砂地の底を探っていると!

グッと引き込まれるのがキスのアタリ。
巻き上げてくると~、ほらね。

IMG_2956.jpg

今年はサイズがなかなか良くて20cmぐらいのが結構釣れました。
いや~、美味しそう。

IMG_2953.jpg

キスに混じってメゴチも。
これまた美味しいらしい。そう聞いたらもちろんキープで!

キス釣り3時間の後は、サバ釣り3時間。
これがまた釣れるのなんの。

IMG_2951.jpg

一投目からグググググッとロッドがしなるのです。
もうね、釣れすぎって言うんですよ、これ。

IMG_2952.jpg

そーなったら漁師モードに突入です。

IMG_2947.jpg

釣るのなんの、クーラーボックスいっぱい。

IMG_2950.jpg

こん身のドヤ顔も炸裂!

40cmオーバーのサバは〆鯖になるでしょうね。きっと。
いや~、楽しかったです。
しばらく食料には困りそうにありませんね。

IMG_2957.jpg

頑張って料理しなくっちゃ。です。

see you soon.

船酔いキャプテンin富津 [fly屋 & fishing]

船酔いキャプテン、出動です。

IMG_2778.jpg

いや~、海釣り久しぶりです。
ばっちり酔い止めも飲みました。

後は釣れることを祈るばかり。

さーて、今回のお題は、「タコ釣り」。
そう、マダコを狙いに富津に来たのです。

「西の明石、東の富津」と言われるほど有名な場所。

イイダコのようにロッドを使うのかな~
なんて思っていたら出てきたのはこちら。

IMG_2775.jpg

おーーーー、ラインと餌のみ!
おーーーー、漁師みたい!!楽しそう!

餌を落として、コツコツコツコツとカニを動かして誘う。
ぐっとアタリがあったらあせらず、小刻みに動かしながら4秒待つ。

そして、ラインをヨイショっと引っ張ると、針がかかる!
らしい。

そして実釣。
うーん、イマイチ。当たりなのか根掛かりなのかが。。。
小刻みに動かしているうちにタコが手を離すような。。。

分からない!!
それでも、ヨイショ。だけは欠かしません。
だって、これやらないと針がかりしないですしね。

そーんな事を繰り返していたら、
ん?何かオモリよりも重いような・・・?

でも、釣れたって言って上げてきていなかったら恥ずかしいし。

あーーーー!
釣れたーーーーー!!

IMG_2790.jpg

しかも、大きいーーーー!

こっこっっこっっこ怖い!
さっっさっさ触れない。。。

あーっ!船にひっついた!
外れない!船長~

ちゃっかり助けてもらっちゃいました。

次に釣れた奴は触るぞ!
なんて意気込んでいたのに、今回は1匹のみ。

うーん、もうチョット釣れると思ったのにな。
それでも、船長曰く、「船代は取ったな。」だそうで。

マダコ釣りは、運が7割の腕が3割。
と言うことで、私の運は良さそうです。

今回のタコは1.9kg。
足一本でお腹いっぱいです。

いや~、なかなか難しい釣りでした。

さ、次は何を狙いましょうかね。

see you soon.

わかさぎ孵化器 [fly屋 & fishing]

今年はわかさぎの卵の孵化をちょっと違う方法で行いました。
初の孵化器導入です。

DSCF2413.jpg

今までは、木枠を水中に沈めて、孵化をさせていたのを、
一部200万粒ほどを孵化器にしてみました。

筒に卵を入れて、サイフォンの原理で、
筒の中に常に水を流入させて、微量の水流を作るのです。

そーすると、卵が酸欠になりにくく、孵化率が高くなる。
そーで。

木枠の孵化率は水カビなどの影響を受けやすく、2割。
孵化器の場合は8割~9割。

こんな情報があれば、孵化器にしたくなるのは当然で。

しかも、孵化器が自作出来るとゆー事実。
自作できるなら、もっと早く導入したかった!

そして、孵化器のいい所は、孵化した稚魚が見られること。
チョロチョロチョローって泳ぐんですよ。

DSC_0682.jpg

いや、もー、可愛いのなんの。
ますます愛情がわきそうです。

来年は自作孵化器を増やそうかと考え中です。
木枠も良いんですけどね。

DSCF2417.jpg

DSCF2423.jpg

埋設が重労働。だって45kgの石をヨイショって持たないといけないし。

孵化器も色々問題はありました。
湖の水を吸い上げたら、悪天候で、泥まで吸い上げてフィルターが目詰まり。
水を供給しなくなるとか。

その泥が卵にくっついて、酸素不足になったりとか。

やはり、湖にあった改良が必要そうです。
それでも、これは上手くいきそうな。そんな気がしています。

自分の手で、わかさぎの数を増やせるとしたら。
そんな楽しいことはないなー。

さぁ、頑張って釣れる釣り場を目指そうか!
久々に少し真面目です。

たまにはね。

see you soon.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。